夜泣きが酷い

夜泣きが連発すると、泣いている理由が夜泣きなのかそれ以外の病気が原因なのか区別できず病院に行かずに放置してしまう可能性があります。
突然激しく泣き出すなど、通常では考えられない泣き方を気付くように心がけましょう。
今まで無かった湿疹があったりなど皮膚病の兆候はないですか。
アレルギーによる皮膚炎などはどんなに気配りをしていても、オムツかぶれを軽く考えている人がいます。
たかがオムツかぶれでも、赤ちゃんの立場からすれば深く眠れないくらい辛い状況にあります。
早いうちに症状を和らげるような手を打ちましょう。
そのうえ、風邪などで熱が上がった際や、急性中耳炎などで強い痛みがあるときは猛烈な泣き方をします。
なかでも中耳炎の場合、痛い方の耳を手で触ったりするので対処しやすいと思います。
小さい赤ちゃんなら鼠径ヘルニアもよくある症状のうちの一つです。
この鼠径ヘルニアは、脚の付け根付近に腸が飛び出す、いわゆる脱腸で、初期は痛みがありません。
気をつけて太ももの付け根をチェックすると、ふっくらと大きくなっているので判断できます。
鼠径ヘルニアで危険な状態は、「かんとん」といった兆候が現れたときです。
「かんとん」は、腸が元の状態に戻らず途中で締め付けられていることを言い、強い痛みや息が苦しいような不快な症状を訴えます。
そのままにしておけば腹膜炎を伴う命に関わることもある状態なので、鼠径ヘルニアで、そのうえ夜泣きをするお子様には注意が必要です。
夜泣きをよくする年齢層では、腸重積症といった早めの治療が重要となる病気です。
産後4ヶ月から1年の間の子どもがよく起こすもので、顔色を失うほどの痛みが伴う発作を繰り返すのが特徴です。
ちょっと夜泣きの声が違うなと感じたら、夜中でも救急病院に行くように心がけましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)